偏光レンズとは

太陽光などからの乱反射による視界のギラツキを効果的にカットする特殊なフィルター機能を持つレンズです。
具体的には路面の照り返しを抑え凹凸の状況を的確に視ることができたり、車や建物などの窓からの乱反射を抑えその内部まで観察が可能となったり、
水面の乱反射を抑えることでその下に回遊する魚影や地形を観察することができます。
水などに弱く耐久性の低い安価な偏光レンズとは違い、山本光学の偏光レンズはアウトドアスポーツの
様々な環境(温度、湿度、水中など)に適応できる耐久性を持っているのが特徴です。

偏光度とは

偏光レンズの原理はよく窓のブラインドに例えられますが、そのブラインド構造がどれだけ密に並んでいるか、装着時に水平になるよう正確にレイアウトされているかが偏光レンズの性能を見る上でとても重要です。
特にブラインド構造の密度を数値で表したものを、偏光度といい、国内では、90%以上の偏光度を持ったレンズ(反射光の90%以上をカットする)を偏光レンズと定義しています。
偏光度の高さとレンズの明るさは相関関係にありますので、薄いカラーの偏光レンズは、偏光度が低くなる傾向にあります。
スノースポーツ用、スイミング用などジャンルを問わずSWANS のアイウェアに使用される偏光レンズはレンズと偏光フィルムが一体で成形されており、その機能を左右するカット角度、フレームへのレイアウトも製品状態で正確になるように設計されています。
偏光機能を搭載しているプロダクトでは製品タグや商品詳細ページのスペック表でこの偏光度を確認することができます。

偏光レンズを通じてみた視界の差のイメージ

DRIVING

ギラギラした反射光をカットする事で路面の照り返しをカットする事が可能となり、
緑の多い景色などではスッキリした視界を確保する事ができます。

FISHING FIELD

水面からの乱反射光線を効果的にカットし、
ギラツキを抑え魚影や水底のストラクチャをよりはっきりと確認する事が可能となります。

SNOW FIELD

反射光を抑えて凹凸を捉える事で、レンズを通した色目が明るく感じること可能となり、
しっかりと眩しさをカットする事ができます。

SWIMMING FIELD

水面などのギラツキを抑え、強い日差しの中でもくっきりとした視界を確保する事が可能となります。