2022.01.14 お知らせ スイミング

貴田裕美さんとアンバサダー契約を締結

 競泳長距離・オープンウォータースイミング(OWS)競技で活躍された貴田裕美さんとSWANS・アンバサダー契約を締結いたしました。
 
 オープンウォータースイミング(以下、OWS)は、長距離の水泳競技、いわばスイミングマラソンともいわれます。海や川・湖といった自然の水の中で行われる長距離水泳競技で、水質、天候、潮汐等、自然条件の影響を受けやすいため、競技者が使用するスイミングゴーグルには、競泳とは異なる複数の機能や性能が求められます。

 トップスイマーとしてOWS競技で活躍していた貴田さんと山本光学との出会いは10年ほど前。以前より競技には欠かせないギアとしてSWANSのゴーグルを購入し愛用頂いていた貴田さんでしたが、OWS競技特有の太陽光が水面に反射してギラつき、レースコースを占めるブイが見えにくくなる状態を改善したいとご相談いただいたことがきっかけです。以来、SWANSでは要望に応えるべく、水面のギラつきを抑える偏光機能を搭載したスイムゴーグルなどを開発し、スイムゴーグルを通じて貴田さんの競技サポートを行ってきました。

 貴田さんは2021年東京大会をもって選手としての活動は引退。今後はOWSや競泳界の更なる発展のため、これまで培ってきた技術・知識をもって、現役選手への指導等の活動を行っていきます。

 山本光学は今後も貴田さんの活動を支えていくと共に、長年の競技活動での経験をより多くのユーザーに伝えていただくため、この度アンバサダー契約を締結いたしました。イベントへの参加やトレーニング方法のクリニックなどを共催し、SWANS製品の認知拡大を行っていきます。
 
 山本光学は今後も、貴田さんの活動を「視界」からサポートしてまいります。


 
■貴田裕美さんよりアンバサダー契約についてのコメント■
 この度、長年ゴーグルをサポートしていただいたSWANSさんとアンバサダー契約を結ばせて頂くことになり、大変嬉しく思います。
 高校生の頃からSWANSさんのゴーグルを愛用をしておりました。屋外で行われるOWS競技は天候によって水面や水上のブイの見え方が異なってくるため、ゴーグルを天候によって変えていました。ミラーの相談に乗っていただいたり、偏光レンズのゴーグルを開発して頂いたりと競技のサポートをしていただき大変感謝しております。現役は引退しましたが今後は自身の競技経験を生かし、開発に携わったり、製品の良さを伝える活動などしていきたいと思っています。

 
■貴田裕美さん使用モデル■
製品名:SRXシリーズ

※貴田さんが着用する偏光機能搭載モデルは一般販売は行っておりません。

SRXシリーズ製品情報はこちら