2022.06.16 お知らせ スイミング

世界パラ水泳連盟(WPS)とオフィシャルサプライヤー契約を更新

 山本光学株式会社は、国際パラリンピック委員会(IPC/International Paralympic Committee 以下、IPC)傘下である世界パラ水泳連盟(WPS/World Para Swimming 以下、WPS)と、視覚障がいクラスの競技で使用される「ブラックゴーグル」についてオフィシャルサプライヤー契約を更新いたしました。
 「ブラックゴーグル」とは、パラ水泳視覚障がいクラスS/SB/SM11 (※)で競技の公平性を保つために使用される完全遮光のスイミングゴーグルです。

 WPSと山本光学は規定の「ブラックゴーグル」を公式に製造・供給しているスイミングゴーグルのブランドとして、2017年より「カテゴリー専用のゴーグル製造者・ブランド契約」を締結。製品が選手から高評価であったことから2019年からは「オフィシャルサプライヤー契約」を締結。選手の活動を支えるためブラックゴーグルの安定した製品供給や選手へのサポート活動を行ってまいりました。

 オフィシャルサプライヤーとしてのサポート体制やWPSとの連携も良好に取れていたことを評価頂き、この度契約の更新を締結いたしました。 山本光学が製造するブラックゴーグルは6月12日からポルトガル領マデイラ諸島で開催中の『世界パラ水泳選手権大会』でも多くのアスリートに使用いただいております。

 山本光学では、水泳の「ブラックゴーグル」をはじめ、パラリンピックの正式種目であるゴールボールの「アイシェード」など、非常に限定される競技のアイウェアの製造・開発や、選手のサポートも積極的に行っています。今後も、様々な競技に携わる選手たちのパフォーマンス向上と競技への理解、関心が高まることを目指し、アイウェアの製造・開発という面からアスリートをサポートすることで、競技のさらなる普及、障がい者スポーツの発展に貢献してまいります。


※…S11   :視覚障がいクラス(自由形、背泳ぎ、バタフライ) SB11 :視覚障がいクラス(平泳ぎ)  SM11:視覚障がいクラス(メドレーリレー)

   
■世界パラ水泳連盟 グレイグ・ニコルソン代表から契約についてのコメント■
 長年にわたって視覚障がいクラス用ゴーグルを製造し、パラスイム発展に貢献してきた山本光学へ多大な感謝を申し上げるとともに、公式サプライヤー契約を更新できたことは大変喜ばしいことです。ポルトガル領マデイラ諸島で開催される今年最大のパラスイムイベントにて、契約更新をご報告させていただきます。

 
■契約概要■
契約名称:オフィシャルサプライヤーとしてパートナーシップ契約(2019年より)

World Para Swimming(ワールドパラスイミング:世界パラ水泳連盟)
IPC(国際パラリンピック委員会)傘下の障がい者水泳競技を運営する部門。
身体障がい(S1~S10)、視覚障がい(S11~S13)、知的障がい(S14)
の各クラスで競技が行われる。 
視覚障がいのS11競技ではブラックゴーグルの着用が義務付けられている。

https://www.paralympic.org/swimming

Adenauerallee 212-214, 53113 Bonn, Germany
+49 228 2097 209
info@worldparaswimming.org