2018.10.30 お知らせ

全日本モトクロス選手権・SWANSサポートライダー安原さや選手が競技生活にピリオド。

 全日本モトクロス選手権、レディースクラスで長年活躍してきた安原さや選手が、10月28日のシーズン最終戦を持って引退されました。

 安原選手は全日本デビューより14年間にも渡ってSWANSゴーグルを愛用いただき、SWANSレディースクラスのトップライダーとして活躍。実に4回もの年間ランキング2位を獲得。そして2015年にはついにチャンピオンに輝きました。
 
  
マディ(泥)路面を得意とし、圧倒的な強さを発揮した安原選手は、SWANS・RUSHモデルに絶対の信頼を置き、どんなコンディションであっても決してレース中にゴーグルを外すことはありませんでした。レース後ゴーグルを外したヘルメットの中の笑顔は、SWANSゴーグルの性能を強く印象付けるものでした。
 
 
 2016年シーズン前より前年のシリーズチャンピオン獲得を記念したシグネチャーモデル
『Saya×SWANSゴーグル』企画を開始。
  
愛用するRUSHをベースに細部にまでこだわりを詰め込んだプロダクトは、シーズン中を通じての開発ミーティングを行い生まれました。 そして9月、地元大会となる全日本モトクロス選手権・近畿大会でデビュー。見事表彰台を獲得し、以来シグネチャーモデルで通算4勝。青いベルトのゴーグルは安原選手のアイコンとなりました。
 
  
 
ゴーグルに新たな価値を創造し、ライダーとファンの皆様とSWANSの関係をより深めてくれた安原選手。
新たな道でのさらなるご活躍を祈念しております。


<動画ライブラリー> ※外部サイトへリンクしています
・『Saya×SWANS淡路島ツーリング編
 (YOUTUBEサイトへ)

・『Saya×SWANS淡路島工場見学編
 (YOUTUBEサイトへ)

・『発売後のインタビュー
 (SWANS・FACEBOOKサイトへ)

<フォトライブラリー>